津市で施術歴11年プロの国家資格者が対応する整体院はこちら

たすく治療院


腰痛について

このような症状でお困りの方へ
  • 朝起きる時に腰が痛い。
  • 特に何も変わったことをしていないのに腰が痛む。
  • 座り仕事から立ち上がる時に痛みが走る。
  • いつも片側の腰だけに痛みがでる。
  • 常に腰が重だるく感じ、叩きたくなる。
  • 整形外科や整骨院へ通ったがあまり良くならない。
腰痛は現代人の大きな悩みのひとつで、2足歩行の人間にとっては宿命といっても過言ではありません。2本足で立つためには重たい上半身の重みを骨盤と脊柱で支える必要があり、常に大きな負担がかかることで腰痛を引き起こします。実際、大半の人が多かれ少なかれ腰痛を経験しています。
腰痛にも筋肉、骨、神経由来のものと原因は様々です。たすく治療院では問診や検査から腰痛を引き起こしている原因を特定し、的確にアプローチしていきます。

ぎっくり腰(急性腰痛)

運動不足などで腰の筋肉や関節が固くなり、こうした状態で洗顔などの前かがみ姿勢、あるいは車の後部座席から物を取ろうとした時など腰の関節や筋肉にひねりなど過度の負担がかかると急激な激しい痛みを感じる。痛めた部位に炎症が起こっていることが多く、ジッとしていても痛みを感じたり、少しの動きにも激しい痛みを感じる。
このような腰痛の場合、まずは炎症を抑えることが必要なためアイシングをして安静にすることが大事です。
痛みを治そうと患部をマッサージするとかえって痛みが悪化する場合があります。

慢性腰痛

きっかけが明確でなく、いつからか腰が痛い。不快な重い痛みが慢性的にダラダラと続いたり、治まったりを繰り返します。慢性腰痛は原因が解るものと、解らないものがあり、老化現象として脊柱などの組織が変性することで発生したり、日々の体の使い方のクセから引き起こされるものまで病態は幅広いです。神経以外の骨や筋肉に原因があると判断した場合、腰痛症と診断されます。
変性した組織をもとに戻すことはとても難しいため、腰痛が出ないような身体づくり、動き方の習得が大事になってきます。

筋・筋膜性腰痛

重いものを持ったり、ひねったりと激しい運動を続けたり、前かがみの姿勢が続くなどのオーバーワークで筋肉の疲労がたまると痛みを引き起こします。ぎっくり腰のような急性的なものは炎症の改善を第一に、慢性的なものはマッサージなどで循環を良くして疲労を回復する必要があります。

椎間板ヘルニア

・背骨の間にある椎間板と呼ばれるクッションの一部が飛び出すことで神経を圧迫し、腰や臀部、脚に痛みやしびれ、脱力感が生じます。足に力が入らなかったり、便や尿などが出にくいなど症状の度合いによっては外科手術が必要な場合もあるので、しびれなどの神経症状がある場合はMRI画像診断を受けることが必要です。
症状が比較的軽度で保存療法が選択される場合、鍼灸治療により神経の炎症を抑えることで症状の改善が期待できます。

たすく治療院のご案内

住      所:
〒510-0301
三重県津市河芸町西千里1590−2
アクセス:
駅から徒歩16分。西千里集会場となり
お問い合わせ・ご予約
059-245-1955
受付時間:
9:00~12:00
15:00~20:00
休業日:
日曜、祝日、月曜午前

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ